シンポジウム   ●ケースプレゼンテーション   ●Q&A

シンポジウム

アイソザイムアノマリーの検出とその意義


●二峰性β


ケースプレゼンテーション(症例検討会)】


●LDHアイソザイム

●ALPアイソザイム

●多発性骨髄腫

●セパラックスSPと反応するM蛋白

●セパラックスと反応するM蛋白


Q&A

●M蛋白様バンド

●二峰性β

●凝固促進剤の影響

●セア膜によるM蛋白検出感度の違い

●CKアイソザイム、MMとMBの間の余剰分画

●老人性M蛋白

●IgAサブクラス

●M蛋白の悪性度

●免疫固定で異常なしのM蛋白疑いデータについて

●蛋白分画と免疫電気泳動でM蛋白量に乖離のある症例

●β-γ bridging

●塗布残り


HOME