第 9 回発表・抄録番号 2

免疫固定電気泳動法で型判定が困難であったIgM型M−蛋白例 (1)

  当院では、日常のルーチン検査において、自動電気泳動装置エパライザーを使用し、支持体はセルロースアセテート膜タイタンV-Tを用いておりますが、fast-γ位に異常バンドを認めた1症例について、ここでご報告いたします。
 60歳男性、組織所見で胃を原発とするβcell-typeの悪性リンパ腫と診断された例です。
 血清蛋白分画において、fast-γ位に異常バンドを検出しました。上から、支持体別はタイタンV-リポ、セパラックスSP、タイタンV-Tの泳動パターンです。支持体による移動度、バンドは変化ありません。



次へ   ELPフォーラム症例検討会へ戻る