第10回 リレー講演より「高齢者に見出されるM蛋白バンドの解析」(8)


各年齢別発生頻度 最初のスクリーニングで、50歳台以下はいないということで50歳以上だけを500〜600人づつ集めました。80〜90歳というとそんな人が集まらないので、80歳台が大体100人位で90歳台が25〜26人です。そうしますと50歳台から60歳台になると2%上がり、70歳台はあまり変わらなくて、80歳台は非常に上がります。特に男性は12%位の人でM蛋白が検出されます。全体で8%位です。面白いのは女性のピークはどこにあるかというと60歳台です。60歳台で5%位です。80歳台になると3.8%くらいです。男性の場合は80歳台が非常に多い。全体をみますと男女で3.4%位です。男性の場合は3.8%位で、女性が3.1%ですから、やはりM蛋白の発生率からみても男性の方が高い。ですから女の方が長生きするのがうなづけるような気が致します。



      講演録に戻る