2010年度 入社
医療機器・診断薬事業本部
国際部 国際営業
2010年 入社時から国際営業として国際部へ配属


 ― 多岐に渡る業務だからこそ得られる知識
     責任のウェイトが大きいほど、達成できた時大きなやりがい ― 



大学時代どんな学生でした?

大学時代は英米文学科に所属しており、米文学、英文学、英語学、コミュニケーションなど幅広い分野を学んでいました。
また読書も好きだったので司書の資格を取得するための授業も受講していました。
学業以外では国際交流サークルに入っており、大学内の留学生とランチやディスカッションをしていましたね。



志望動機と常光を知ったきっかけは何ですか?

グローバルに活躍できる仕事を希望していました。
その中で癌や生活習慣病などの病気の早期発見に貢献したいと思い、医療業界に絞りました。

実際に入社して、自分が携わった製品が世界中に流通して施設で使用されているのだということを、 代理店からの報告や海外の展示会を通じて実感することができています。



今の仕事内容を教えてください

国際部員は色んな顔を持っています。
社内では代理店とメールでコンタクトをとったり、貿易業務や経理業務を行ういわゆる「デスクワーク」の顔。
他部署海外展示会での新規代理店開拓、新規輸入メーカー発掘、既存代理店へのフォローアップ等を行う「営業マン」の顔。
国内営業・開発と海外のメーカーの間に入り、円滑にやりとりできるようにする「窓口」としての顔。
時にはジェットミル事業部やディーラー事業部のヘルプとして業務を手伝うこともあります。
臨機応変に色んな顔を使い分け、多岐に渡って業務を行っているので多くの知識や実務が身に付きます。



どんなときやりがいを感じますか?

1千万円以上の大きな取引の決済業務を一人で任されたり、代理店候補と長期に渡って契約交渉をしたりと責任が大きい仕事です。
責任のウェイトが大きければ大きいほど、無事に達成できた時は大きなやりがいを感じます。
現在入社3年目ですが、これまで五回は海外出張へ行ったので「グローバルに活躍をしたい!」という学生さんにとっては十分に発揮できる部署だと思います。


↑海外出張中での休暇の過ごし方をお伺いしたところ、ドイツでの休暇中の写真を提供して下さいました!ありがとうございます(人事部)



◆ある日の行動日記◆

8:30− 出社、朝礼、メールチェック、スケージュル確認など
9:30− 輸出の際に必要な通関書類作成
11:00− 輸入検討しているメーカーとのやりとり
12:10− 昼食
13:00− 海外からのメールを和訳(他部署に提出するため)
14:30− 経理業務(輸出入の売上、輸入メーカーへの送金)
15:30− 海外の代理店とメール
18:10− 終礼、退社




Designed by CSS.Design Sample