2011年度 入社
医療機器・診断薬事業本部 医療機器開発部
開発1課 開発
2011年 入社時から開発として医療機器開発部へ配属


 ― 医療機器業界の開発職を希望して
     最も良い結果を出すにはどうすれば良いか 試行錯誤の毎日 ― 



大学時代どんな学生でした?

大学では電気工学を専攻し、電気に関する基礎的な知識の習得や、 電気回路の作成、各種測定機器を用いた実験などを行っていました。
電気の知識はもちろんですが、自分で回路を設計、製作した事や、実際の測定機器を 使用した経験など、今の仕事に役立っていると感じています。
意欲的に取り組んだ事と言うと、夜間部の学生に実験を教えるアルバイトです。
実験中には、装置が正常に動かない、結果がおかしいなど、様々なトラブルが起こります。 その度に、接続は間違えていないか、自分の説明に不備は無いか、測定装置に異常は無いか、実験環境に問題は無いか…と、 様々な要因に頭を巡らせました。トラブルを解決したときの達成感や学生からの感謝の言葉を励みに、更なる知識習得に努力した事を覚えています。
このアルバイトを通し、教科書だけでは知ることの出来ない、実際の電気現象を扱うことの難しさや、面白さを知ることができたと感じています。



志望動機と常光を知ったきっかけは何ですか?

常光を知ったきっかけは、新卒学生向けの合同説明会でした。 医療に関わる仕事をしてみたいと考え、医療機器業界を中心に就職活動を行っていた際、 常光に出会いました。
自分の働きたいと希望した部署で働けると知り、会社の方針に興味を持ちました。
現在、学部卒ではありますが、私の当初の希望通り、開発部で働いています。




今の仕事内容を教えてください

血液分析装置の開発を行っています。
特に、装置の電気に関する部分の設計や部品選定、検証実験など 学生時代に勉強していた内容を生かす事の出来る仕事をしています。




どんな時にやりがいを感じますか?

仕事を進める上では、納期や費用、医療機器が守らなければならない約束事など、 学生時代には考えもしなかった項目についても考慮しなければなりません。
それらを考えた上で最も良い結果を出すにはどうすれば良いか、 日々考えをめぐらせ、試行錯誤することにやりがいを感じています。



◆ある日の行動日記◆

8:40 − 出社・日程確認
9:00 − 部内朝礼
9:30 − 装置の部品選定・資料作成
10:00 − 打ち合わせ
12:10 − 昼食
13:00 − 装置を使用した検証実験
15:00 − 実験報告書作成
17:50 − 日報作成
18:30 − 退社




Designed by CSS.Design Sample