採用Q&A


みなさんからよく寄せられる質問に回答しました。
このページに無いことで、疑問な点、不明な点、知りたいことなどあったら、気軽に質問して下さい。
質問はこちらへお送り下さい。
(頂いた質問はこのコーナーで紹介させて頂くことがありますので、ご了承下さい。)

◆ 目次 ◆ 会社の業務について
求める人材について
職種・配属先について
研修について
会社説明会について
採用試験について


会社の業務について
 
Q.採用活動を、本州地区と北海道地区に分けて行っているのはなぜですか?
  常光では、本州と北海道で役割が違います。
本州では、自社製品の研究開発、製造、販売とメーカーとしての役割を持っています。
北海道では、自社製品はもちろん、他社製品を扱う商社としての役割を持っています。 そこで、北海道は北海道の営業を求めるため、本州と北海道を分けて採用活動を行っています。
 
Q.どのようにして研究開発をすすめているのかを知りたいです。
  医療機器開発部は部員の専門分野別に機械設計グループ、電子設計グループ、化学設計グループの3つのグループに分かれています。
開発は、その製品に相応しいメンバーをそれぞれのグループから人選してプロジェクトを組んで行われます。 開発が完了し、上市が終わったらプロジェクトは解散し、人員はまた別のプロジェクトに参加して新たな開発に取り組みます。
 
Q.1つの製品を開発するのに何人ぐらいで行うのですか?
  大きなプロジェクトでは数名、小さなプロジェクトでは1人と言うこともあります。
また、一人で複数のプロジェクトを掛け持ちする場合もあります。
 
Q.自分の持っている案を提示できる場はありますか?
  これからの開発テーマを検討する開発委員会には、誰でも新しいテーマを提案することもできます。 開発テーマだけでなく、発明をしたら特許出願することも出来ますし、社内規程の提案もいつでも誰でもして良いことになっています。
 
Q. これから御社が目指す市場、将来発展・開拓をにらんでいる事業分野は在るのでしょうか?
  今まで当社が培ってきた技術を活かせる臨床検査分野の他に、最近取り組んでいるものに、病理検査の分野、 また医療のみならず新しい領域への挑戦として、ナノテクノロジー分野への参入があります。
 


求める人材について
 
Q.常光では、どんな人材を求めているんですか?
  未知のことに興味をもってチャレンジしようとする人。私達の仕事を通して社会に貢献したいと思う人。明るく元気な人です。
 
Q.文系なので、医学のことはよくわからないのですが?
  仕事をしていく上で必要な知識は、入社後研修を行い、身につけてもらいます。頼れる上司、優しい先輩がわかりやすく教えます。 それ以外にも、どんどん自分で知識を得て下さい。常光では、積極的に勉強できる人を求めています。 必要な知識は与えられるものではなく、得るものです。文系の先輩社員も多数活躍しています。文系だから、と遠慮することはありません。 いろいろなことに興味をもって、どんどん応募して下さい。
 
Q.常光で働いていく上で、役に立つ資格、免許などがあったら教えて下さい。
  営業と技術サービスは自動車運転免許が必要です。その他、日商簿記、X線作業主任者免許、薬剤師免許などですが、それらがないと選考で不利になると言うことはありませんので安心して下さい。
 
Q.仕事を進める上で語学力は必要ですか?
  国際営業職では英会話力が必須です。最低限日常会話に困らず、ストレスなく海外から帰ってこれるレベルが必要です。
また、研究開発職でも海外出張の機会はありますし、海外のサイトで情報収集したり外国の論文を読むことがありますので、ある程度の英語力は必要となります。
 
Q.部門別採用はあるのでしょうか?
  当社では職種別に採用を行っています。面接時やエントリーフォームで希望職種を申告して下さい。原則として本人の希望の職種で採用を行うようにします。希望職種以外で能力を発揮して頂けると我々が判断した場合は、その旨十分にお話しして、納得した上で入社を決めて頂くようにしています。少なくとも、申告と違う職種に一方的に配属することはしません。そのようなことはお互いに不幸な結果を招くと考えています。
 
Q.研究開発を希望していますが、大学院卒でないと無理なのでしょうか?
  確かに研究開発職には大学院卒の方が多く採用されていますが、毎年学部卒の方も研究開発職に採用されています。基本的に学歴で切ると言うことはしていません。要は本人がどれくらいその仕事をやりたいのか、情熱を持っているのかです。あきらめず挑戦して下さい。


職種・配属先について
 
Q.御社のホームページを拝見させていただくと、化学、薬学の分野だと感じたのですが、電気や機械系の開発職はあるのでしょうか?
  医療機器は、化学、薬学、機械工学、電子工学、ソフトウェアと、あらゆる技術が集積された製品です。ですから、研究開発職に携わっているのは多種多様な専門を持った人達です。特に最先端のエレクトロニクス技術、ソフトウェア技術は無くてはならないものです。あなたがどんな専門であれ、きっと当社でその知識を活かす場はあると思います。
電気系では、回路設計や電子・電気部品の選定、評価、機械系では機器形状デザインや機構設計などの仕事があります。
 
Q.希望の職種に就くことはできますか?
  基本的に申告頂いた希望職種に沿って採用します。本人の希望と異なる職種に配属を考える場合は、良くお話しして納得した上で内定をお出しするようにしています。
 
Q.希望の勤務地に配属になることはできますか?
  できるだけ本人の希望を尊重しますが、職種や人員計画によって希望される勤務地にできない場合もあります。またどうしても転勤を伴う職種もあります。そのような場合には、あらかじめ良くお話しして納得して頂くようにしています。
 
Q.女性社員で結婚後も仕事を続けている方、子供を育てながら仕事を続けている方はいますか?
  多くはありませんが、どちらもいます。育児休業中や育児短時間勤務中の方もいます。
 
Q.職種は入社後に変更することは可能なのでしょうか?
  1年に1回自己申告制度があり、希望する勤務地や職種を申告することができます。ただ、職種は本人の希望もありますが適性が大きく影響しますので、後でやっぱりこっちの方が良かったと言うことにならないよう、就職活動中に良く自分を見つめ直して、どんな仕事が自分に相応しいのかをしっかり考えておいて下さい。我々としても可能な限り本人の適性を見出してお互いにミスマッチがないように努力して採用しています。
 


研修について
 
Q.研修制度について教えて下さい。
  入社1年目には、入社時の集合研修、7月と3月にフォローアップの集合研修があります。実際の仕事については入社時の集合研修終了後すぐに配属先に配属され、実際に仕事をしながらOJTで研修が始まります。半年間は研修期間ですから、まず何でも明るく質問出来る人になって下さい。
常光では、仕事そのものこそが最大の教育であると考えています。


会社説明会について
 
Q.会社説明会について教えて下さい。
  例年会社説明会・採用試験は、4月中旬くらいから東京と札幌で月1〜2回ずつのペースで実施しています。
 
Q.説明会において質疑応答の時間はあるのでしょうか?
  人事部が皆さんの質問にお答えする時間と、若い先輩社員がお答えする時間があります。どんなことでもお気軽にご質問下さい。


採用試験について
 
Q.応募から、採用までの流れを教えて下さい。
  就職ナビや、合同企業説明会など、色々な場で常光に興味を持っていただけた後は、まずは、会社説明会に参加して下さい。これは、常光のことをよく知ってもらいたいからです。会社説明会は、このホームページ上で随時申込みを受け付けると同時に、最新の予約状況等をお知らせしています。会社説明会の後、受験希望の方は採用試験を受験していただきます。(もちろん当日に受験しないで、もう一度考えてから後日受験して頂くこともできます。)採用試験は3次試験まで行います。
 
Q.試験を受けるときは、履歴書等の書類は必要なのでしょうか?
  最初の1次試験のときには、応募書類は何も必要ありません。ただし、リクナビから試験の予約をしていただく際に、OpenESの提出をお願いしています。
内定時には、履歴書、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書、推薦状(後付)の提出が必要です。
 
Q.選考試験の内容を教えて下さい。
  1次試験では、集団面接、作文、簡単な適性テストを、2次試験では、個人面接を行います。3次試験は最終の役員面接です。
当社では特に面接に重点を置いて選考を進めます。特に2次試験の個人面接では、複数の管理職が納得いくまでじっくりとお話を聞かせて頂いています。
 
Q.学校の都合で、1次試験の段階で応募書類を全てそろえることができません。
  1次試験の段階では応募書類は必要ありません。応募書類は、3次試験合格段階までに提出して下さい。
 
Q.私は札幌での受験を希望していますが、受験場所によって勤務地も決まるのでしょうか?
  それは関係ありません。札幌で受験された北海道出身者が東京技術研究所にたくさんいます。面接時に、希望職種、勤務地を言って下されば、最大限それを考慮に入れます。

Designed by CSS.Design Sample